近年「ポケモンGO」「ドラクエウォーク」などAR(MR)をつかったスマホゲームがブームになっています。
※AR(拡張現実)・MR(複合現実)
高度なテクノロジーが必要と思われるARアプリを、アマチュアからプロまで無料で使える
人気のゲーム作成ソフトUnity(ユニティ)を使って、コーディング(プログラミング)なしで簡単に作成しちゃいましょう!

今回は、目印となる画像(マーカー)をスマホのカメラで映すと、その画像の上に3Dキャラが飛び出す!というアプリを作ります。

画像を名刺などに設定すれば「AR名刺」も可能です。

その他、バースデーカードや年賀状などでも使えるかも?

 

「Unity2019」の画面

 

 

 

 

 

スマホ(Android)にインストールしてマーカーを映すと3Dキャラが飛び出します!

 

 

 

 

 

 

開催日時:11月30日(土)13:00~14:30

場所:三条ものづくり学校 212

定員:4名

参加条件:小学校4年生以上でキーボード・マウスの操作が上手にできる人 大人の方も大歓迎!!

参加費:500円(ラボメンバーは無料です)

持ち物:特にありません(Unityインストール済みのPCをご用意しております)
・もし Unity2019がインストールされたPCがあればご持参ください。
・AndroidまたはAndroidタブレット【iPhone,iPadは不可】をお持ちの場合はご持参ください
※ご持参いただいた機種によっては、作成したアプリをインストールできない場合もあります

申し込み:こちらのフォームよりお願いします