10/27(土)に潟東小学校さまの文化祭にて、
『ビスケットでプログラミングに挑戦!』というワークショップをさせていただきました。

参加者は小学2年~6年生の25名。
ほとんどの子がビスケット初体験でした。

Viscuit(ビスケット)は、難しいプログラミング言語を覚えることも不要、タイピングも不要の、4歳から始められるプログラミングツールです。

ひとつひとつは簡単で単純な命令ですが、組み合わせることによって複雑な動きもつくれるので、奥が深いです。

 

そして、子ども達が楽しんでいたのはなんといっても『自分で絵が描けること』。

今回は「水族館」がテーマだったのですが、自由な発想で思い思いの絵を描いて、それを自分の好きな動きにプログラミングしてくれました。

最後にみんなで作った「水族館」をプロジェクターで投影すると、大歓声が起こりました!

 

以下は、子ども達のアンケートから。

・とてもたのしかったので、またやりたい。
・はじめてやって、すごいと思いました。
・むずかしかったです。
・プログラミングは、いろいろなことができてとても楽しかったです。
・家でやってみたいです。

などなど…

参加していただいたみなさん、ありがとうございました!