スイッチオンラボ内で開催しました「おうち時間をハックしよう!」コンテストの審査結果を発表します。

【最優秀賞】

「建築クリッカー ver0.9」 作者 S.Tさん(小学6年生)

<作品解説>

Scratch(スクラッチ)で作成されたクリッカーゲーム(クリック操作でポイントを貯めるゲーム)。
木を切ったり、石をほったり、素材をあつめて家を建てます。建てた家を売ることができ、億万長者になることも可能!
おうち時間が増え、ゲームやコミックに飽きてしまった人にとって、かっこうの退屈しのぎのゲームと言えるでしょう。

<講評>

他のクリッカー系ゲームの良い点を取り入れつつ、独自のアイデアも随所に盛り込んでいました。プログラムもかなり複雑な構成で、よくこれだけまとめ上げることができたと審査員一同、驚嘆しました。
プレゼンも、遊び方を簡潔に分かりやすく説明していましたし、「おうち時間を楽しくすごす」というテーマに対してのアピールも説得力があり、高評価に結び付きました。

【優秀賞】

「アドオンメイカー」 作者 Y.Tさん(高校1年生)

<作品解説>

マインクラフトでの「アスレチックゲーム」をプレイしていて、クリアするのが難しいポイントで役に立つアイテムを作成できるアドオン(追加機能)ソフト。
様々な項目で数値を入力したり、選択肢の中から選ぶだけでマイクラのオリジナルアイテムが生成されます。プログラム言語C#で作成。

<講評>

高校生と言うこともありますが、C#でプログラミングというスキルの高さは群を抜いていました。マイクラが好きな人にはとても役に立つアドオンだと思います。
欲を言えば各項目を設定する操作画面をもっとポップなデザインにすると、使う人にとってより楽しいソフトになったと思います。

【入賞】

「おうち時間をハックするリモコン」 作者 F.Hさん(小学5年生)

<作品解説>

Scratch(スクラッチ)で作成されたアプリ。リモコン上の画面に配置されたボタンに様々なしかけがされています。リラックス効果のある風の音や可愛らしいネコの鳴き声。そして赤いボタンを押すと作者の声で「OK、グーグル」という声が再生され、スマホを近づけると、Googleアシスタントが起動して、録音された作者の声を再生してスマホでアラームをセットしたり天気をしらべることができます。

<講評>

Scratchはまだ覚えたてですが、今回果敢にもコンテストに応募してくれました。自分の録音した声でスマホのGoogleアシスタントを操作するという、発想の逆転に驚かされました。一番苦心したのはピアノのボタンで、キラキラ星をプログラミングで演奏させるところ。他にも自分の好きな曲を演奏させたいと言ってくれたので、今後に大いに期待です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【表彰式】

さっそく5月15日(土)のスイッチオンラボで表彰状と賞品をお渡ししました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【各賞の賞品】

最優秀賞:Sphero mini

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞:Arduinoスターターキット

 

 

 

 

 

 

 

入賞:micro:bit v2

 

 

 

 

 

 

スイッチオンラボではこれからも、周囲の人たちを楽しませ、役に立つ作品を創作してもらうためにコンテストを行っていきます!